ブログで5億円稼ぐノウハウ、全公開! 3年間収益0円から大逆転した方法とは?

サラリーマンでも大丈夫! まず月10万円を最短最速で稼ぐ!

本連載の著者はブロガーのきぐち氏。コンビニのアルバイトをしながらブログを始め、最初の3年間は1円も稼げませんでしたが、7年目には年収1000万円を突破します。その後、収益激減を何度も経験しながらも、ブログだけでトータル5億円以上稼いできました。きぐち氏のブログ運営ノウハウをすべて盛り込んだ初著書、『ブログで5億円稼いだ方法』の刊行を記念して、本書の内容を一部公開します。

Photo: Adobe Stock

メリットより、デメリットを先に伝える

 ブログを書くときに気をつけたいのが、広告に誘導したいがために「メリットだけを書いてしまうこと」です。

 心理学ではメリット、またはデメリットの片方だけ伝えることを「片面提示」と呼び、両方を伝えることを「両面提示」と呼びます。

 片面提示でメリットだけを書いてしまうと、文章に「宣伝くささ」が出てしまい、読者は「裏にあるデメリットを隠されているのでは?」と感じてしまいます。

 そのため、両面提示でしっかりデメリットについて話すことで、読者の信頼を獲得することができます。

 人は最後に聞いたことが印象に強く残りやすいため、「デメリット→メリット」の順番で話すことで、メリット部分の印象が強く残りやすいです。「メリットを先に伝えるパターン」「デメリットを先に伝えるパターン」の例を紹介します。

サンプル①

【メリット→デメリットのパターン】

「この商品は、機能は充実してますが、その分価格が高いです」

【デメリット→メリットのパターン】

「この商品は、価格は高いですが、その分機能が充実しています」

サンプル②

【メリット→デメリットのパターン】

「この骨伝導イヤホンはエントリーモデルよりバッテリーの持ちが50%ほど良くなっています。ただ、値段は1万円ほど高くなります」

【デメリット→メリットのパターン】

「この骨伝導イヤホンはエントリーモデルより値段が1万円ほど高いです。ただ、バッテリーの持ちは50%ほど良くなっています」

 デメリットを先に伝えたほうが商品が魅力的にうつりませんか。両面提示かつデメリットから伝えることで、読者の信頼を手に入れやすくなるでしょう。

(本原稿は、きぐち著『ブログで5億円稼いだ方法』を編集・抜粋したものです)

―――

『ブログで5億円稼いだ方法』は、「サラリーマンをしながら月に数万円稼ぎたい」という人でも最短ルートで稼げるよう、紙面を工夫しました。ぜひチェックしてみてください。





Source link