さまざまなデータや分析環境を提供しているSensor Towerによると,バンク・オブ・イノベーションが2022年10月18日にリリースしたRPG「メメントモリ」PC / iOS / Android)が,日本に加えて,韓国,香港市場で好調な滑り出しを見せているという。リリースから2週間(10月18〜31日)の世界での収益は2300万ドル(約32億7000万円※1ドル=142.08円)を突破しており,収益成長量は日本がトップとなっている。

※掲載画像はSensor Tower公式ブログ(リンク)より
画像集 No.003のサムネイル画像 / 「メメントモリ」はリリース2週間で世界での収益が2300万ドルを突破,収益成長量は日本がトップに。Sensor Towerブログ最新エントリ
画像集 No.002のサムネイル画像 / 「メメントモリ」はリリース2週間で世界での収益が2300万ドルを突破,収益成長量は日本がトップに。Sensor Towerブログ最新エントリ

 メメントモリは,過酷な過去や運命を背負う少女達の物語が描かれるタイトル。全キャラクターにオリジナルのイメージソングが用意されているのが特徴で,キャラクターの世界観を歌で表現した“ラメント”には,あたらよさんDaokoさんなどのアーティストが参加している。

 収益とダウンロード数の割合を見ると,10月18〜31日の2週間における世界での収益のトップは日本で,68.0%を占めたとのこと。2位は韓国の14.0%で,アメリカの7.0%と続く。一方のダウンロード数の割合は,日本が43.8%,韓国15.0%,アメリカ9.2%だった。

 海外市場での好調は,とくにアジアにおいて顕著で,10月18〜31日のApp StoreのTop Grossingランキング(iPhone:ゲーム)では,韓国は最高7位,香港は最高3位,台湾は最高8位を記録しており,日本以外の市場においても好調だったことが分かるという。また,同期間の日本のGoogle Playにおいては,10月27日〜10月29日は3日間連続でトップを記録しているとのこと。

 なおメメントモリの好調ぶりについては,4Gamerの連載「スマホゲームのセルラン分析」(2022年10月13日〜10月19日)でも触れているので,こちらも合わせてチェックしてほしい。

関連記事




スマホゲームのセルラン分析(2022年10月13日〜10月19日)。1位は3週連続で「モンスターストライク」。ヨーロッパ33か国における四半期ランキングも紹介


 世界有数のスマホゲーム大国である日本において,現在最も売れているタイトルを始めとした,さまざまなデータを毎週お届けする本連載。今週のランキング1位は3週連続で「モンスターストライク」だ。今回はヨーロッパ33か国における四半期ランキングも紹介しよう。


[2022/10/27 12:09]



Source link