株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司)が提供するマーケターのためのデータフィード管理ツール「dfplus.io」は、株式会社バニッシュ・スタンダード(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:小野里 寧晃)が提供するスタッフDXサービス「STAFF START」「LINE STAFF START」に対応開始いたしました。*1

時代はD2CからE2Cへ。STAFF START、LINE STAFF STARTとは

ショッピングにおける情報の中でも、信頼できる・等身大の店舗スタッフの声は顧客にとって価値が高く、購入を判断する重要な情報になりえるため、スタッフ投稿をはじめとするオンライン接客 “E2C( Employee to Consumer)”が注目されています。

一方で、オンライン接客においては、コーディネート・動画投稿やレビュー投稿などを行うスタッフのモチベーション維持がハードルとなりやすく、継続・定着が困難な面もあります。 

STAFF STARTは、店舗/本部スタッフが自社ECサイトでオンライン接客を行った成果を、スタッフに評価として還元するためのサービスです。これまで累計1,700ブランド以上が導入し、年間流通総額は1,380億円を突破、サービス利用継続率も高く人気のサービスとなっています。また、昨年  バニッシュ・スタンダードとLINE株式会社が共同開発した、スタッフがユーザーと「LINE」で直接コミュニケーションが図れる新しいオンライン接客サービス「LINE STAFF START」も注目されています。

dfplus.io で、STAFF START導入時に必要な商品データ連携を大幅にコストダウン・短期化

STAFF STARTの導入にあたっては、スタッフ投稿と商品を紐づけるため、商品データを連携する仕組みを用意する必要があります。 

今回の対応により、STAFF STARTを導入する企業は、dfplus.ioを利用することで、自社ECサイトの商品データを、開発不要で*2 簡単にSTAFF STARTに連携することができます。準備期間は、平均的には約1~2週間、最短で即日の準備も可能となり、費用は月額3万円~ と、準備のための期間やコストをおさえて手軽にSTAFF STARTを導入することができます。

*1 カスタムフィード機能での対応となります。

*2 ECサイトのシステムによっては、商品データを dfplus.io と連携するために開発が必要になる場合もあります。

ECサイトでの商品データ活用先

ECサイトにとっての商品データ活用先は、広告、SEO、ソーシャルコマース、サイト改善など幅広く、マーケティング全般に関わっています。 

商品データ活用先の例:

●    Google公式でSEO対策として推奨されている Google Merchant Center 対応

●    Google検索結果で商品をアピールできる Googleショッピング広告

●    CriteoやFacebookなどのダイナミック広告

●    Instagram投稿に商品詳細をタグ付けできる Instagramショッピング

●    サイト内レコメンドエンジン導入などのサイト改善施策

dfplus.io は、マーケターが柔軟に商品データを活用でき、成果を出すことに集中できる環境を目指しています。今後も便利な機能の追加および更なる利便性の向上に努めてまいります。

◆「STAFF START」について

「STAFF START」は、店舗に所属するスタッフをDX化し、自社ECサイトやSNS上でのオンライン接客を可能にするStaff Techサービスです。導入しているアパレル企業で最も利用されている「コーディネート投稿機能」は、店舗スタッフが撮影したコーディネート画像に商品情報などを紐づけてECサイトやSNSに投稿する機能で、その投稿を通じて商品紹介やコーディネート提案といった接客対応を行うことができます。また、スタッフの投稿を通じて達成されたEC売上は可視化され、スタッフ個人や所属する店舗の実績として評価に利用されています。現在、利用ブランド数はアパレルや化粧品ブランドを中心に1,700を超え、2021年1月から2021年12月の間に「STAFF START」で作成されたコンテンツを経由した流通総額は、1,380億円を達成しました。

「STAFF START」の主な機能

  • コーディネート投稿機能:店舗スタッフが撮影したコーディネート写真に商品情報を紐づけ、ブランドの自社ECサイトやSNSなどに投稿する機能
  • スタッフレビュー機能:店舗スタッフが商品についてのレビュー(評価・コメント)を作成し自社ECサイトやSNSに投稿できる機能
  • PLAY機能:店舗スタッフが商品の使用感や使用プロセスなどを撮影した動画に商品を紐付け、自社ECサイトやSNSに投稿できる機能
  • まとめ機能:店舗スタッフが、店舗でショーウィンドウをつくりあげるように、自社ECサイト上でテーマ設定から記事などのコンテンツを作成できる機能
  • QRメモ機能:店頭で接客する店舗スタッフが買い回り中の顧客に対し、検討している商品のECサイト上での情報をQRコードで共有することができる機能
  • バイヤー機能:バイヤーやMD(マーチャンダイザー)などが販売を検討しているサンプル品の情報を販売スタッフに共有し、現場の販売スタッフが「売れそう」か「売れなそう」かを評価できる機能

◆マーケターのためのデータフィード管理ツール「dfplus.io」について 

「dfplus.io」はフィードフォースが提供する、様々な商品・商材データをマーケティングでフル活用するためのSaaSです。STAFF START・LINE STAFF STATのほか、Criteo、Facebookダイナミック広告、Google ショッピング広告、LINE Dynamic Ads、YDN 動的ディスプレイ広告、Indeed、求人ボックス、Instagram ショッピングなど、商品データを利用する「データフィードマーケティング」のための機能を直感的なUIで提供しており、多くの広告代理店様、広告主様から支持されています。

【株式会社バニッシュ・スタンダード 会社概要】

【株式会社フィードフォース 会社概要】

フィードフォースは、 「働く」を豊かにする。~B2B領域でイノベーションを起こし続ける~ をミッションにB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。 

  • 会社名:株式会社フィードフォース
  • 所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
  • 代表者:代表取締役 塚田 耕司
  • 事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
  • Webサイト:https://www.feedforce.jp/



Source link