18年目ブロガー、「副業クエスト100」管理人


高校卒業後、定職につかず、30以上の副業を実践するもすべて失敗。

コンビニのアルバイトで生活費を稼ぎつつ、「副業」をテーマにブログを始める。

記事数が100を超えるも、最初の3年間は収益ゼロ。一念発起し、ブログ運用の勉強を始める。

裏ワザや近道を探すことをやめ、徹底的なSEO対策とブログの改善により、5年目にして月収10万円を達成する。


そこからは順調に収益を伸ばし続け、2010年には年収1000万円突破。そして2014年には累計収益1億円、2020年には累計収益5億円を突破する。


しかし、常に順風満帆だったわけではなく、Googleのアルゴリズムアップデートにより、何度も収益が激減しており、そのたびにブログの刷新(ブログデザインの変更、時代に合わなくなった記事の書き直し・削除etc)を行い、高収益を維持し続けている。


基本を超徹底する王道のブログ運営は、他のブロガーからも一目置かれ、称賛を浴びる。

NHK、Yahoo!、日経BPなど、各種メディアでも紹介実績あり。ブログ収益の一部を10年以上寄付し続けている。


副業クエスト100 https://kanemotilevel.com/

Twitter @kasegu_master

  • ブログで5億円稼いだ方法

    ブログで5億円稼ぐ方法

    3年間収益0円からの大逆転ノウハウ73

    本気で稼ぐアフィリエイトーー最強の副業


    稼ぎやすいブログジャンルの選び方、

    スラスラ書ける文章術、効率的なマネタイズ、

    収益爆増記事の作り方、とことん教えます!

ブログで5億円稼ぐノウハウ、全公開! 3年間収益0円から大逆転した方法とは?

サラリーマンでも大丈夫! まず月10万円を最短最速で稼ぐ!

本連載の著者はブロガーのきぐち氏。コンビニのアルバイトをしながらブログを始め、最初の3年間は1円も稼げませんでしたが、7年目には年収1000万円を突破します。その後、収益激減を何度も経験しながらも、ブログだけでトータル5億円以上稼いできました。きぐち氏のブログ運営ノウハウをすべて盛り込んだ初著書、『ブログで5億円稼いだ方法』の刊行を記念して、本書の内容を一部公開します。

Photo: Adobe Stock

ブログ文章術の極意「読んだ人を行動させる」

 ブログにおける文章の目的は「きれいで正確な文章を書くこと」ではなく、「読んだ人を行動させること」です。

 読者は「◯◯について知りたい」「◯◯を買いたい」と能動的に検索して訪問してくるため、ブログでは、相手の行動意欲を下げずに成約に導いていくことが大切です。

 本日は「読みやすく、行動を起こさせる文章の書き方」について解説していきます。

ライティングスキルが上がれば、商品はもっと売れる

 ブログは検索エンジンから24時間集客・営業をしてくれます。僕のブログには500以上の記事がありますが、これは500人のセールスマンが24時間働いてくれているようなものです。

 この500人が読者を満足させられるかどうかは「ライティングスキル(文章術)」にかかっていて、ライティングスキルを上げることができれば、セールスマン全員の営業スキルを向上させることができます。

「営業が下手なセールスマン」は商品を売ろうとする気持ちが出すぎてしまい、せっかく来てくれたユーザーを不安にさせ、ブログから離脱させてしまいます。

 一方で、「営業が上手なセールスマン」は相手に欲求を起こさせるだけで、後は読者に行動を任せるくらいの「ちょうどいいバランス」で営業します。

「営業が下手なセールスマン」と「営業が上手なセールスマン」では、成約に至る確率は数倍以上も変わってきます。

「最も成果につながるブログの書き方」を覚えることで、「優秀なセールスマン」をたくさん獲得することができるでしょう。





Source link