【話題の白米が主役のご飯屋】

先日、ぐんぐるが投稿した新店情報。

f:id:gumma_umaimono:20221015213857j:image

【新店】白米が主役のご飯屋さん!?土鍋で頂く炊き立てのこだわりお米を楽しめる魅惑のお店がプレオープン中!【魅惑の白米(高崎・吉井)】 – ぐんぐるブログ

高崎の吉井町に現在プレオープン中の『魅惑の白米』。

f:id:gumma_umaimono:20221015214008j:image

正式Open前にも関わらず、フォロワーは1700人を突破しており、注目度の高さが伺える。

かく言うぐんぐるも、「白米に魅了されるご飯屋」というキャッチフレーズにトキメキを隠せず、いつか訪れなければと思っていた。。

【プレオープン来ちゃった】

正式Openが2022年10月22日

それまではプレオープンとして営業が既に始まっている。

f:id:gumma_umaimono:20221015181900j:image

ぐんぐる、来ちゃいました。

噂の『魅惑の白米』。

既に多くのインフルエンサー達が訪問し、大絶賛していたので期待値も高い。

f:id:gumma_umaimono:20221015181903j:image

プレオープン期間中は、メニューは1つに絞られている。

この辺は後ほど、じっくり紹介していこう。

【店内へ】

f:id:gumma_umaimono:20221015181853j:image

店内に入るとまず目に入るお店のマーク。

土鍋の中に「」のもじ。

f:id:gumma_umaimono:20221015181856j:image

土鍋は、三重県にある永谷園伊賀本店のものを使用。

土鍋の名前は、「伊賀焼かまどさん」。

f:id:gumma_umaimono:20221015214937j:image

こだわりの土鍋で炊かれるのは、群馬県産のブランド米である「雪ほたか」。

オンラインストアでは、4,370円/5kgで販売されている高級米である。

まさに最強の土鍋×最強の米

f:id:gumma_umaimono:20221015181718j:image

店内には、カウンター席とテーブル席が用意されているので複数人はもちろん、おひとり様でも気兼ねなく楽しむことができる

【わくわくが止まらない】

f:id:gumma_umaimono:20221015181713j:image

さて、前置きが長くなってしまったが無事着席。

テーブルセッティングはこんな感じで、黒い部分に主役の土鍋が登場する。

【メニュー】

f:id:gumma_umaimono:20221015181721j:image

こちらが、プレオープン期間限定のお品書き。

10月21日までしか体験できないある意味貴重なメニューということだ。

前述した通り、メニューは1,600円の1種類のみ。

  • 前菜3種
  • 主役の土鍋ご飯
  • お供3種
  • メイン(肉&魚)
  • 香の物/お味噌汁/選べるお供

である。

選べるお供は、

  • たまご
  • 納豆
  • だしとろろ

から1つ選ぶことができる。

【白米が主役のフルコース】

まず最初にやってくるのは前菜の3種盛り

前菜を食べながら、炊き上がる白米を待つ。

白米を食べる準備運動のような役割」ということだそう。

f:id:gumma_umaimono:20221015181745j:image

この日は、下記の3種類であった。

  • 新鮮野菜 自家製ソース
  • 旬野菜の素揚げ 和風餡
  • とうふのムース仕立て

f:id:gumma_umaimono:20221015181734j:image

とうふのムース仕立て

優しい味わいのジュレが豆腐の風味を引き立たす。

ジュレはダシが効いていたのかな?甘味よりも塩味という感じ。

f:id:gumma_umaimono:20221015221134j:image

旬野菜の素揚げ 和風餡

ピーマン、かぼちゃ、れんこんの素揚げに、これまた優しい味わいの餡が絡めてある。

旬野菜ってこんなに美味しいんだ…と再実感できる。

f:id:gumma_umaimono:20221015181742j:image

新鮮野菜 自家製ソース

新鮮なトマトにシーザーソースがかかっていた。

上にかかっているのはナッツであり、胡椒が効いてトマトの甘味が引き立つ。

【いよいよ主役の登場!】

前菜を噛み締めながらじっくりと堪能していると、いよいよ主役の準備が始まった。

f:id:gumma_umaimono:20221015181748j:image

やってきたしゃもじ。

このしゃもじは、永谷園謹製のモノのようだ。

f:id:gumma_umaimono:20221015181755j:image

どーん!

存在感を放つ土鍋がお席は到着。

職人が一つ一つ丁寧に作り上げる土鍋は、覇気がぷんぷんだ。

f:id:gumma_umaimono:20221015181802j:image

蓋を開封!

絶妙な炊き加減で仕上がったお米達が顔を出す。

f:id:gumma_umaimono:20221015181806j:image

謹製のしゃもじで、ささっとほぐす。

土鍋から茶碗に必要な分だけよそって食べる。

都度蓋を閉めればしっとりしたお米がキープでき、蓋を開けておくと硬めのご飯が楽しめる

f:id:gumma_umaimono:20221015181813j:image

見てよこれ。

一粒一粒が立っており、白米オンリーで頬張ると芳醇な甘味を強く感じる。

このご飯を食べると他のものを食べられなくなってしまうのではないかと少し怖くなる。

【お供もクオリティ高すぎ!】

f:id:gumma_umaimono:20221015181820j:image

メインの肉料理、魚料理とお供3種、香の物がセットになったプレート。

プレオープン期間中はメインが肉と魚両方楽しめるのでお得感MAX

一つ一つの料理を見ていこう。

f:id:gumma_umaimono:20221015181824j:image

若どりしょうゆ麹焼き

ぷりっぷりの若どりのもも肉。

しょうゆ麹の力だろうか、柔らかーくて味もしっかり感じられる。

個人的にNo.1のご飯の供だった。

f:id:gumma_umaimono:20221015181835j:image

こだわりの銀鮭塩焼き(辛口)

焼き加減にこだわっているという銀鮭は、ふっくらかつ、しっかりとした食感。

確かに、焼き目や焦げは一切ないのにしっかりと焼き上がっている。。

こんなの家じゃ絶対に再現できないよ。。

f:id:gumma_umaimono:20221015181827j:image

手前から、

  • 香の物
  • 色々キノコのなめたけおろし
  • 自家製ネギみそ

f:id:gumma_umaimono:20221015181832j:image

  • とりそぼろ生姜風味

はい、これら全部ご飯に合いまくり。

さまざまなお供を少しずつ白米と合わせて食べられるので、食べ進めるのが非常に楽しい。

f:id:gumma_umaimono:20221015181816j:image

お味噌汁選べるご飯のお供

お味噌汁は、山椒がほんのりと効いており爽やかな香りが感じられる。

お味噌は、中之条のこだわりの麹味噌を使用しているみたい。

f:id:gumma_umaimono:20221015181839j:image

選べるお供は「だしとろろ」。

さまざまなお供や、メイン料理を食べすすめた後で、とろろ用に少しだけご飯を残しておいた。

f:id:gumma_umaimono:20221015181842j:image

そこにとろろをオンザライス!

f:id:gumma_umaimono:20221015181846j:image

とろろには醤油をかけてもいいとのことだが、何もかけなくても優しいダシの味わい深く、新鮮なとろろは粘りが強くて食べ応えあり。

f:id:gumma_umaimono:20221015181849j:image

ドリンクは100円で珈琲かティーを付けられる。

ホットコーヒーとアイスコーヒーをチョイス。

美味しい珈琲で、100円なんてお得感がすごい。

和の白米を中心としたフルコースを洋の珈琲で〆る

なんとも粋な昼食となった。

【まとめ】

プレオープンから既に人気が爆発しているこちら。

既に翌日の予約が埋まっているとの情報も流れており、訪れる際には事前に公式Instagramをチェック&予約するのが吉だ。

高級旅館の朝食で味わうような、雪ほたかを中心とした絶品料理。

気になっている方は、絶対に訪れるべきお店。

【アクセス】

【基本情報】

  • プレオープン期間:2022年10月1日〜21日
  • オープン予定日:2022年10月22日
  • 住所:群馬県高崎市吉井町吉井547-3
  • 電話番号:027-388-0368
  • 営業時間:10:00〜16:00(プレオープン期間中)
  • 定休日:不明
  • 公式Instagram:【https://instagram.com/miwakuno_hakumai?igshid=YmMyMTA2M2Y=





Source link