ブログで5億円稼ぐノウハウ、全公開! 3年間収益0円から大逆転した方法とは?

サラリーマンでも大丈夫! 副業として、月10万円を最短最速で稼ぐ!

本連載の著者はブロガーのきぐち氏。コンビニのアルバイトをしながらブログを始め、最初の3年間は1円も稼げませんでしたが、7年目には年収1000万円を突破します。その後、収益激減を何度も経験しながらも、ブログだけでトータル5億円以上稼いできました。きぐち氏のブログ運営ノウハウをすべて盛り込んだ初著書、『ブログで5億円稼いだ方法』の刊行を記念して、本書の内容を一部公開します。

Photo: Adobe Stock

 ブログには、1つのジャンルについて深く書く「特化ブログ」と、1つのジャンルにとらわれない「雑記ブログ」の2つがあります。Googleが専門性を重視するようになったこともあり、現在は特化ブログのほうが収益化はしやすいです。本日は、「専門性」と「ファン」という観点からお伝えします。

専門性が高く、ファンができやすい

 毎回違うトピックを扱う雑記ブロガーよりも、常に同じジャンルの情報を発信する特化ブロガーのほうが、ファンやフォロワーは増えやすい傾向があります。

 また、同じ興味関心を持った人間が集まりやすいため、「特定ジャンルのファンができやすい」=「同じジャンルからの被リンクを獲得しやすい」というメリットにもつながります(被リンクとは、他のサイトから自分のブログへ向けられたリンクのことを指します)。

 Googleの検索上位を取るためにも、「同ジャンルからの被リンクの獲得」は重要な要素の1つなので、この点でも特化ブログに大きなアドバンテージがあるといえます。

雑記ブログから特化ブログへ移行!

 今はGoogleアルゴリズムアップデートの影響で、企業サイトが検索上位を占めている割合が高くなっているため、1つのジャンルに特化しない限り、個人ブロガーが検索上位を取るのはなかなか難しいです。

 もし今、雑記ブログを運営していてうまくいっていないのであれば、雑記ブログから特化ブログに移行するのも選択肢の1つです。

 雑記ブログの強みは「いろいろなジャンル・いろいろな広告案件」が扱えることなので、「自分に合うジャンルや成果の出やすい広告を見つけやすい」という大きなメリットがあります。

 もし、特定の広告案件だけ成果が発生していたり、特定の記事だけアクセスを生んでいる場合は、思い切ってそのジャンルに特化するのもアリだと思います。

 URLを変えることはできませんが、タイトルや方向性はリニューアルで変更することができるので、あまりに先が見えない場合は、特化ブログへ変更して再チャレンジしてみるのもいいと思います。

(本原稿は、きぐち著『ブログで5億円稼いだ方法』を編集・抜粋したものです)

―――

『ブログで5億円稼いだ方法』は、「サラリーマンをしながら、副業で月に数万円稼ぎたい」という人でも最短ルートで稼げるよう、紙面を工夫しました。ぜひチェックしてみてください。





Source link