[チームラボ]

300万年続く自然と1300年の遺産に囲まれたサウナで脳を開き、より深いリラックス状態へと導く「月茶」を飲み、廃墟のアート群に没入

九州・御船山楽園で、チームラボのアートと、”今行くべき全国のサウナ”ランキング「サウナシュラン」で三年連続グランプリ受賞の「らかんの湯」がコラボレーション。300万年続く自然と1300年の人々の遺産に囲まれた、歴史と森のサウナで感覚を研ぎ澄まし、サウナ後のディープリラックスをより深める「月茶」(げっちゃ) を飲み、森の中の廃墟のアート空間に没入する、アート・サウナ・茶の新たな体験を創りました。展覧会「チームラボ 廃墟と遺跡:淋汗茶の湯 – ジーシー」は、九州・武雄温泉の御船山楽園にて、紅葉まつりと共に11月10日 (水) にオープンしました。


300万年前、有明海から隆起して生まれたといわれる御船山。その森の中には、樹齢3000年の神木や、1300年前に名僧行基が入山し五百羅漢を安置した洞窟など、様々な遺跡が点在します。そして、近代に作られ、わずかに時代が変わったことで使われなくなった廃墟も残っています。異なる時間軸が交差しながら、長きにわたり続いてきた、御船山の歴史と森。チームラボは本展において、そこに佇むサウナで “ととのい”、廃墟のアートに没入することで、歴史と自然の一部となり、長い時間と世界に再びつながることを目指しています。

▲紅葉まつりは12月5日まで。夜の紅葉ライトアップは日本最大級

歴史的にもアートとサウナの繋がりは深く、室町時代中期、風呂場 (当時は蒸し風呂、つまりサウナ) に絵や掛け軸を飾り、茶を振る舞う「淋汗茶の湯」という文化がありました。日本では古くから、サウナに入りアートを見て、茶を飲む行為を文化的な遊びとして楽しんでいたのです。そのような歴史的背景も紐解きながら、チームラボは2019年から御船山楽園で、アートとサウナの新しい体験を模索してきました。
そして、本展での試みを原点として誕生したチームラボのサウナ「TikTok チームラボリコネクト」(東京・けやき坂下) が、サウナシュラン2021特別賞を受賞。サウナによって、来場者が最高級な状態になってからアートに没入する体験を、“サウナの新たな可能性を拓いた、壮大な実験と実践の場”と評価されました。
TikTok チームラボリコネクト: https://reconnect.teamlab.art/jp

展覧会公式ウェブサイト: https://www.teamlab.art/jp/e/mifuneyamarakuen-sauna/
御船山楽園ホテル らかんの湯: http://www.mifuneyama.co.jp/hotsprings_a.html

【サウナ】



”今行くべき全国のサウナ”ランキング「SAUNACHELIN (サウナシュラン) 」において、3年連続グランプリを受賞した、御船山楽園ホテルの「らかんの湯」。2019年にメディテーションサウナ、2020年に自然光のそそぐ白を基調としたサウナを新設。2021年10月には、3トンの薪、2.5トンのサウナストーンを用いた、日本最大規模の男女兼用の薪サウナをオープン。世界最大級 (横2m × 縦1.8m) の薪ストーブは、武雄近郊の間伐材を薪に、御船山の古石をサウナストーンに、武雄温泉の源泉をロウリュの水として使用しています。
御船山楽園 らかんの湯: http://www.mifuneyama.co.jp/hotsprings_a.html
SAUNACHELIN (サウナシュラン): https://saunachelin.com/

【茶】


茶は、座禅のように歴史的には、”鎮静”し、リラックスして瞑想に深く入っていくことに使われていたという側面があります。そのことに注目し、リラックスして瞑想に深く入っていく側面を最大限高めた、EN TEAのお茶「月茶」(げっちゃ) を、サウナ後の休息の時、アート空間の中で飲んでいただきます。

EN TEAは、御船山楽園の隣、嬉野で生まれた茶葉ブランド。月茶は、EN TEAが、お茶の4つの製法プロセス (品種 × 栽培 × 製茶 × 抽出) の各段階において、リラックスして瞑想に深く入っていく側面を最大化させる方法で製茶しています。テアニンの含有量が多いとされる2種類の蒸し製玉緑茶を主原料とし、来場者がサウナに入っている間に、低温で長い時間をかけて抽出することで、カフェインを減らしテアニンを多く抽出して提供します。テアニンは脳に直接入っていき、脳波α波を増加させ、脳を「鎮静」(リラックス) させます。そして、脳の神経細胞の再生をも、促進すると考えられています。
EN TEA: https://en-tea.com/

【廃墟のアート群】
廃墟の湯屋にあるメガリス / Megaliths in the Bath House Ruins

teamLab, 2019, Interactive Digital Installation

作品: https://www.teamlab.art/jp/w/megaliths_bathhouse/
動画: https://youtu.be/_OiDN2JOv44

森の中の、呼応するランプの森とスパイラル – ワンストローク、山の紅葉 / Forest and Spiral of Resonating Lamps in the Forest – One Stroke, Autumn Mountain
teamLab, 2018, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

* 御船山楽園ホテル内「EN TEA HOUSE – 応灯楼」に展示
* 季節によって演出が異なります
作品: https://www.teamlab.art/jp/ew/spiral-autumn/
動画: https://youtu.be/ln_gbXsgGvw

廃墟の湯屋のフラワーズボミング / Flowers Bombing in the Bath House Ruins
teamLab, 2017-, Interactive Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

作品: https://www.teamlab.art/jp/ew/flowers-bombing-ruins_mifuneyama/

忘れ去られていた地下道の朽ち果てていく場に永遠に憑依する炎 / Universe of Fire Particles in a Decaying Underground Passage
teamLab, 2021, Digital Installation, Sound: Hideaki Takahashi

作品: https://www.teamlab.art/jp/w/universe_fireparticles_underground/
動画: https://youtu.be/uZ8mS4V6pUM

Light Sculpture of Flames
teamLab, 2016, Interactive Light Sculpture, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

作品: https://www.teamlab.art/jp/ew/light_sculpture_of_flames/
動画: https://youtu.be/5MzaSLNAtMI

生命は生命の力で生きている II / Life Survives by the Power of Life II
teamLab, 2020, Digital Work, 60 min (loop), Source Calligraphy: Sisyu

作品: https://www.teamlab.art/jp/w/lifesurvives/mifuneyamarakuen-sauna/
動画: https://youtu.be/xujFwRHzUKI

異なる時空が交差する場
1845年(江戸後期)に50万平米にも及ぶ敷地に創られた御船山楽園。敷地の境界線上には、日本有数の巨木である樹齢3000年以上の神木の大楠があり、庭園の中心には樹齢300年の大楠がある。そのことからわかるように、古来より大事にされてきた森の一部を、森の木々を生かしながら造った庭園であることが想像できる。庭園と自然の森との境界は曖昧で、回遊していく中でいつのまにか森に入り込んだり、けもの道に出くわしたりする。

森の中には、超自然的に積み重なった巨石の磐座(いわくら:日本に古くからある自然崇拝(アニミズム)の一種)であったであろう祠がまつられている。7世紀頃、日本独特の山岳宗教を創始した役の行者小角(えんのぎょうじゃおづぬ)が、屏風岩(びょうぶいわ)全面に彫ったとされている高さ23mの巨大な不動尊像が、御船山の岩壁にある。また、後に奈良の大仏をつくる名僧行基が、約1300年前に御船山に入山し五百羅漢を彫ったとされており、森の中の洞窟の岩壁には、行基が直接彫ったと伝えられる仏が今も残る。森の境界には、塚崎城石門という城跡などもあり、森や森の境界には、様々な遺跡が残る。

我々は、長い長い時の境界のない生命の連続性の上に危うく奇跡的に存在する。しかし、日常では、なかなかそれを知覚することが難しい。人間は、自分の人生より長い時間を認知できないのだろう。時間の連続性に対して認知の境界があるのだ。

樹齢3000年以上の木が存在する森は、全く知覚できないほどのゆっくりとした時間の流れで日々変化し、そして、それを毎年繰り返しながら、果てしない長い時間が積みあがった空間である。森や森の境界に点在する様々な時代の遺跡や、江戸時代に作られ今なお続く庭園は、また、それぞれ異なった時空を持つ。そして、庭園の中の廃墟の湯屋は、近代につくられたものが、わずかに時代が変わったことで使われなくなった、まるで時間が止まったような時空である。

様々な時空を持つ御船山楽園にある廃墟の中で、それらとはまた時空が異なる存在の作品群を創ることで、時間の連続性に対する認知の境界を超えて、様々な時空が交差し重なり合う場を創ろうと思う。

【開催概要】
チームラボ 廃墟と遺跡:淋汗茶の湯 – ジーシー

https://www.teamlab.art/jp/e/mifuneyamarakuen-sauna/
#チームラボ廃墟 #teamLabRuins

会場:
御船山楽園 (佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100)
Tel: 0954-23-3131

時間:
■アート展 開催時間
11:00 – 22:00 (最終入場21:30)
* 年中無休

■らかんの湯 日帰り入浴 ご利用時間 (予約制/定員制)
第1部:15:00 – 17:30 (男女各10名)
第2部:17:30 – 20:00 (男女各10名)
* アート展は11:00 – 22:00の間でお好きな時間に入場いただけます。
* らかんの湯のご利用時間は変更になる場合があります。

■御船山楽園の庭園 開園時間
季節によって異なります。詳しくは御船山楽園公式ウェブサイトをご確認ください。
https://www.mifuneyamarakuen.jp/

チケット料金:
■アート展 チケット
中学生以上 700円 / 小学生 400円 / 未就学児(6歳以下)無料
* 料金に含まれるもの:アート展への入場
* メンテナンスの関係で一部の作品を体験いただけない場合があります。
* 展示内容が変わる場合があります。
* 公式チケットサイト 又は会場でご購入ください。

■らかんの湯+アート展 セットチケット (予約制/定員制)
大人 3,850円
* 料金に含まれるもの:アート展への入場、らかんの湯 日帰り入浴、EN TEA HOUSE 応灯楼でのワンドリンク「月茶」(入浴後)
* 中学生以下は、らかんの湯 日帰り入浴はご利用頂けません。
* 同性4名以上のグループでのご利用はお断りしています。
* 料金は変更になる場合があります。
* 公式チケットサイト 又はお電話(御船山楽園ホテル 0954-23-3131)でご予約ください。

チケット販売:
公式チケットサイト、御船山楽園
*公式チケットサイト: https://exhibition.teamlabticket.com/mifuneyama/

主催: 御船山楽園、チームラボ
協賛: 株式会社ジーシー
—–
* らかんの湯+アート展 セットチケット、アート展チケットでは、御船山楽園の庭園には入園できません。庭園に入るには、会場にて別途入園料をお支払いください。
* 毎年7月から11月に開催する「チームラボ かみさまがすまう森」の会期中は、チケット価格と展示内容が変わります。

【チームラボ】
アートコレクティブ。2001年から活動を開始。集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、そして自然界の交差点を模索している国際的な学際的集団。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。

チームラボは、アートによって、自分と世界との関係と新たな認識を模索したいと思っている。人は、認識するために世界を切り分けて、境界のある独立したものとして捉えてしまう。その認識の境界、そして、自分と世界との間にある境界、時間の連続性に対する認知の境界などを超えることを模索している。全ては、長い長い時の、境界のない連続性の上に危うく奇跡的に存在する。

ニューヨーク、ロンドン、パリ、シンガポール、シリコンバレー、北京、メルボルンなど世界各地で常設展およびアート展を開催。東京・お台場に《地図のないミュージアム》「チームラボボーダレス」を開館。2022年末まで東京・豊洲に《水に入るミュージアムと花と一体化する庭園》「チームラボ プラネッツ」開催中。2019年上海・黄浦濱江に新ミュージアム「teamLab Borderless Shanghai」を開館。2020年6月にマカオに常設展「teamLab SuperNature Macao」オープン。

チームラボの作品は、ロサンゼルス現代美術館(ロサンゼルス)、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(シドニー)、南オーストラリア州立美術館(アデレード)、サンフランシスコ・アジア美術館(サンフランシスコ)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク)、ボルサン・コンテンポラリー・アート・コレクション(イスタンブール)、ビクトリア国立美術館(メルボルン)、アモス・レックス(ヘルシンキ)、モコ美術館(アムステルダム、バルセロナ)に収蔵されている。

teamLab is represented by Pace Gallery, Martin Browne Contemporary and Ikkan Art.

チームラボ: https://www.teamlab.art/jp/
Instagram: https://instagram.com/teamlab/
Facebook: https://www.facebook.com/teamLab.inc
Twitter: https://twitter.com/teamLab_news
YouTube: https://www.youtube.com/c/teamLabART

【株式会社ジーシー 協賛にこめた想い】
株式会社ジーシーは1921年(大正10年)に東京で創業した歯科材料、医療機器メーカーです。私たちは製品を通じて、世界の人々の「笑顔」と「健康」に貢献してまいりました。
人種・性別・年齢・国籍を問わず世界中のすべての人々が、「お口の健康」の先にある、心と身体の健康という喜びを、分かち合える未来となることを目指しています。
「歴史と森のサウナで、”ととのい”、感覚が研ぎ澄まれた身体状態でアートに没入することで、普段は気がつかない体験を得る」という本アート展の試みにより、身体、そして「お口の健康と大切さ」についても興味を持って頂く機会になることを願っております。

企業プレスリリース詳細へ
(2021/11/13-10:47)





Source link