メタバースモバイルゲームの市場インサイト
配信元 Sensor Tower 配信日 2022/09/22

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

[レポートシェアリング]
「メタバースモバイルゲームの市場インサイト」

AR、VRおよびブロックチェーンといった技術の進歩に伴い、さらには新型コロナウイルスの感染拡大による非接触型ライフスタイルへの社会的変化の影響を受けて、世界中でメタバースに対する注目度が急速に高まっています。本レポートでは、近年のメタバースモバイルゲーム市場の変化について、詳細な紹介と分析を行っています。

新型コロナウイルスの感染拡大により、メタバースアプリおよびメタバースゲームのダウンロード数が急増

新型コロナウイルスの感染拡大で世界中のユーザーの非接触型ライフスタイルが促進される中、仮想世界やメタバースは再びモバイル市場の成長の焦点となっています。2020年、全世界におけるメタバースアプリのダウンロード数は2億回を突破、成長率は43.5%に達し、2021年のダウンロード数は前年同期比71.7%増の3億5,000万となりました。2022年の上半期、メタバースアプリはすでに世界で1億7,000万ダウンロードされており、そのうちゲームアプリのダウンロード数は1億1,000万で全体の67.3%を占めています。

世界のメタバースアプリの総収益は、2020年に激増し、最終的に12.6億ドルを越え、2019年からは112%増となりました。この増加傾向は2021年も続き、過去最高となる15.1億ドルに達しました。2022年上半期のメタバースアプリの売上は計6.5億ドルで、その94%をゲームアプリが占めています。

アメリカのメタバースゲームのダウンロード数と収益は、引き続き他の地域をリード

メタバースが最も受け入れられているのはアメリカであり、アメリカのメタバース関連ゲームの合計ダウンロード数は、2019年以降常に世界トップです。2022年上半期、アメリカ市場のメタバースゲームダウンロード数は1,400万回近くにのぼり、2位のブラジルより250万回多くなっています。

アメリカ、ブラジルに加え、アジアでもメタバースゲームの人気が急上昇しており、ベトナム、インドネシア、インド等の国々でも、同期のダウンロード数は500万回を超え、次に成長が見込める市場として期待されています。

アメリカ市場は、メタバースゲームの最も重要な収益源であり、2022年上半期に3億ドル近くの売上があり、市場シェアは48%を超えています。

アジア市場では、韓国が特に注目されます。これは、メタバースゲームの高い社会性が韓国ユーザーに特にマッチしたためです。

『Roblox』が世界で最も人気のあるメタバースゲームに

2020年に新型コロナウイルスの感染拡大が始まって以降、『Roblox』は最大の市場であるアメリカでのダウンロード数と収益がいずれも顕著に増加しました。また、アジア(特に東南アジア)市場での影響力も次第に高まっています。

2022年上半期、『Roblox』はアメリカ、韓国、日本および東南アジア等多くの地域でメタバースゲームダウンロードランキングおよびセールスランキングの第1位を獲得しました。

特に注目したいのは、全世界において、メタバースゲーム全体に占めるユーザー総支出額の70%を『Roblox』が占めたことです。韓国のパブリッシャーHAEGINがリリースしたサンドボックスゲーム『Play Together』は、アジア市場で好評を博しており、ダウンロード数は『Roblox』に次ぐ2番手にあります。

現在、メタバースは主にシミュレーションゲームに取り入れられています

2022年上半期にダウンロードされたメタバースゲームの87%がシミュレーションゲームであり、なかでもサンドボックスの市場シェアが97%と高くなっています。ライフスタイルゲームでのメタバースのダウンロードシェアは5%であり、比較的自由度が高いキャラクターカスタマイズゲームが中心となっています。一部ボードゲームではNFTを採用し、スロットとビットコインを組み合わせてセールスポイントとしており、1%のダウンロードシェアを生み出しています。

アートスタイルとしては、『Roblox』をはじめとする3Dローポリの市場シェアが最大であり、これに3Dカートゥーン、2Dカートゥーンが続いています。

詳細情報は弊社ウェブサイトに記載しています:
https://sensortower.com/ja/blog/trend-of-meta-adoption-in-games-2022-report-JP
https://go.sensortower.com/meta-adoption-2022-report-japan.html?utm_source=prtimes&utm[…]m_campaign=st-2022-09-game-ct-apac-metaadoptionreport-japan


Sensor Towerの紹介

Sensor Towerは2013年にサンフランシスコで設立された、Twitter、Unity、Tencent、HBOなどのグローバルデジタル企業から信頼されている、データや分析環境を提供する企業です。

Sensor Towerは、Pocket Gamer Mobile Games Awards 2022において、Best Analytics / Data Tool賞を受賞しました。

現在、Sensor Towerには、ロンドン、ロサンゼルス、ニューヨーク、ソウル、北京など、世界中にオフィスが点在しています。 弊社日本オフィスは東京都渋谷区にかまえられ、チームメンバーは日本のモバイルパブリッシャーをサポートすることに専念しています。ハイパーカジュアルゲームのリーダーとして認知されている面白法人カヤックや、ライブ配信アプリ運営も行っている株式会社ディー・エヌ・エーなどとのパートナーシップを次々と実現しています。日本オフィスは2021年春より本格的に始動したばかりですが、パートナー企業様が急増しております。弊社スタッフも増員しながらお客様のサポートを強化していく所存です。

Sensor Tower 日本オフィス代表
谷内 照吾
Shogo Yachi

Sensor Towerについての詳細情報は弊社ウェブサイトに掲載されております:
https://sensortower.com/ja



Source link