[株式会社 Block FM]

Chara、KO KIMURA、YOSA & TAAR出演決定。 9月17日(土)18日(日)富士スピードウェイにて開催

9月17日(土)18日(日)静岡県・富士スピードウェイにて開催されるハーレーダビッドソン ジャパン株式会社主催イベント『BLUE SKY HEAVEN 2022』。イベント初の試みとして17日(土)に行われる、音楽マルチメディア「block.fm」プロデュースによる音楽ステージの第2弾出演ラインナップを発表いたします。

モーターサイクル、キャンプ、音楽が融合した4年ぶりの開催の『BLUE SKY HEAVEN 2022』は、ハーレーオーナーのみならず、それらを愛するすべての皆さんにとってオープンな滞在型イベントです。2日間通じ約1万人が富士の麓に集い、日本全国から集まったハーレー約1,000台がサーキットを駆け抜けるパレード、プロライダーによるエクストリームライディングショー、17日(土)夜の花火「BLUE SKY FIRE WORKS」等は圧巻のスケールとなります。

音楽ステージの第2弾ラインナップ発表

9月17日(土)に行われるblock.fmプロデュースの音楽ステージでは、デビュー30周年を迎えて今なお唯一無二の音楽を発信するChara、クラブ創世期から活動するトップDJにしてハーレー愛好家であるKO KIMURA、ハウス~ディスコの新しいムーブメントを生み出すDJ/プロデューサーユニットYOSA & TAARの出演が決定しました。先日発表となったMONDO GROSSO / SHINICHI OSAWA、SIRUP、☆Taku Takahashi(m-flo, block.fm)、YonYonとあわせて、計7組のアーティストが『BLUE SKY HEAVEN 2022』のために特別なパフォーマンスを披露します。

会場には車両展示、試乗体験のほかプロライダーによるエクストリームライディングショー、 様々な出展ブースやフードブース等も充実のラインナップを予定しています。今後も追加の出演者発表ほか、タイムテーブルや会場MAP、パレード詳細なども順次、イベント公式ウェブサイト(https://blueskyheaven.jp/)を通じ発表してまいります。

なお本日8月1日から、公式ウェブサイトとイープラス、Peatixでは一般前売入場チケット(5,000円)の販売も開始しています。またハーレーダビッドソン正規ディーラー各店ではH.O.G.(ハーレー オーナーズ グループ)プレミアムチケット(3,000円)も販売中です。

これら会場入場券に加え、場内でキャンプ泊をされる方向けの一般キャンプエリア用チケット(3,000円)も、好評につきキャンプエリアを拡大して販売を継続しています。

公式サイト: https://blueskyheaven.jp/
イープラス: https://eplus.jp/sf/detail/3663090001-P0030001
Peatix: https://blueskyheaven2022.peatix.com/

予定枚数が終了した場合は販売期間中であっても販売終了となります。

初秋の富士の麓でモーターサイクル、キャンプ、音楽を楽しめる『BLUE SKY HEAVEN 2022』に、ぜひお集まりください。

イベント概要

名 称: BLUE SKY HEAVEN 2022(ブルースカイヘブン2022)
主 催: ハーレーダビッドソン ジャパン株式会社
日 程: 2022年9月17日(土)~18日(日)※タイムスケジュールは後日発表いたします
会 場: 富士スピードウェイ(静岡県駿東郡小山町中日向694)
内 容: 音楽ステージ/キャンプ/物販/飲食/モデル展示/パレード/各種アトラクション等
出 演(五十音順): KO KIMURA、SIRUP、☆Taku Takahashi(m-flo, block.fm)、Chara、MONDO GROSSO / SHINICHI OSAWA、YOSA & TAAR、YonYon 他
公式サイト: https://blueskyheaven.jp/
公式SNS:
Twitter  https://twitter.com/Harley_D_JP
Facebook https://www.facebook.com/HarleyDavidsonJPN
Instagram https://www.instagram.com/harleydavidsonjapan/?hl=en
YouTube https://www.youtube.com/user/HarleyDavidsonJPN
備 考: 国および自治体のガイドラインに準拠して、感染症対策を徹底のうえ開催いたします
実施内容については今後変更となる場合があります。

チケット情報

■入場チケット:
<一般>
・前売りチケット(5,000円)
販売期間:8/1~9/16
販売場所:
公式サイト https://blueskyheaven.jp/
イープラス https://eplus.jp/sf/detail/3663090001-P0030001
Peatix https://blueskyheaven2022.peatix.com/

・当日入場チケット(7,000円)
販売期間:9/17
販売場所:会場ゲート

・日曜当日入場チケット(3,000円)
販売期間:9/18
販売場所:会場ゲート
※音楽ステージの開催は9/17となるため、本チケットでは音楽ステージを鑑賞することはできません

<H.O.G.会員チケット>
・H.O.G.プレミアムチケット(前売り)(3,000円)
販売期間:発売中~9/16
販売場所:ディーラー店頭

・ H.O.G.会員当日入場チケット(4,000円)
販売期間:9/17
販売場所:会場ゲート

■キャンプチケット:
一般キャンプエリア用チケット(3,000円)
販売期間:発売中~9/16
販売場所:
公式サイト https://blueskyheaven.jp/
イープラス https://eplus.jp/sf/detail/3663090001-P0030001
Peatix https://blueskyheaven2022.peatix.co
※場内には、一般キャンプエリアとディーラーキャンプエリアがあります。一般キャンプエリアでキャンプ泊をされる場合は、入場券とは別にこのチケットが必要です。
※各券種とも販売期間中であっても予定枚数を終了した場合は販売終了となります。

アクセス
富士スピードウェイ
所在地:
〒410-1307 静岡県駿東郡小山町中日向694
車・バイクをご利用の方:御殿場ICより約15分
電車:バスをご利用の方:御殿場駅からタクシーで約20分(約3,500円)
公式サイト:https://www.fsw.tv/

アーティストプロフィール(五十音順)

KO KIMURA

プロとしてのDJ歴は2022年で37年を迎える、ベテランながらもクラブ創成期から現在までシーンをリードし続けるトップDJ。
常に変化し、また前進するそのDJスタイルは国内のみならず海外にもファンは多く、国内外を問わず活躍中。
現在J-WAVEにて毎週木曜にナビゲーターを務めるTOKYO MAADSPINも絶賛オンエア中。
また、自らハーレーダビッドソン1941年式FLナックルベッドと1967年式FLHアーリーショベルの2台を所有し、デイリーメンテナンスはもちろんのことカスタムパーツ製作やエンジンオーバーホールなどの重整備も自ら手がけ、ハーレー専門のHOTBIKE誌にメンテナンスに関する連載を持つほどのヴィンテージハーレーフリークとして日本のバイカーからも信頼を得ている。

SIRUP

ラップと歌を自由に行き来するボーカルスタイルと、自身のルーツであるネオソウルやR&BにゴスペルとHIPHOPを融合した、ジャンルにとらわれず洗練されたサウンドで誰もがFEELGOODとなれる音楽を発信している。
2021年3月17日にはYaffle、starRo、ROMderful、FullCrate、SUMIN、Slom、ShinSakiuraなど、国内外のクリエーターとコラボした約2年ぶりの2nd フルアルバム「cure」をリリースし、8月には日本最高峰のロックフェス「FUJI ROCK FESTIVALʼ21」に、国内のR&Bアーティストでは異例となる初出演でメインステージのGREENSTAGEに立ち、圧巻のパフォーマンスを魅せた。
2022年に入ってからもイギリス出身の世界的ポップスター「Years & Years」のRemix参加や、世界各国で愛されるアイリッシュ・ウイスキーJAMESON」とのコラボを発表するなど、日本を代表するR&Bシンガーとして音楽のみならず様々な分野でその活躍を広げている。

☆Taku Takahashi(m-flo, block.fm)

DJ、プロデューサー。98年にVERBAL、LISAとm-floを結成。
ソロとしてもCalvin Harris、The Ting Tings、NEWS、Crystal Kay、加藤ミリヤ、MINMI、EXIDなど国内外アーティストのプロデュースやRemix制作も行うほか、アニメ「Panty&Stocking with Garterbelt」、ドラマ・映画「信長協奏曲」、ゲーム「ロード オブ ヴァーミリオン III」など様々な分野でサウンドトラックも監修。
国内外でのDJ活動でクラブシーンでも絶大なる支持を集め、LOUDの“DJ50/50”ランキング国内の部で3年連続1位を獲得し、日本を牽引する存在としてTOP DJの仲間入りを果たす。2011年に自身が立ち上げた日本初のダンスミュージック専門インターネットラジオ「block.fm」は新たな音楽ムーブメントの起点となっている。

Chara

1991年9月21日 シングル「Heaven」でデビュー。
オリジナリティ溢れる楽曲と独特な存在感により人気を得て、ファッションアイコンとしても注目を集める。
1992年の2ndアルバム「SOUL KISS」で、日本レコード大賞ポップ、ロック部門のアルバム・ニューアーティスト賞を受賞。
1996年 岩井俊二監督の映画「スワロウテイル」に俳優として出演。劇中のバンドYEN TOWN BANDのボーカルとして参加したテーマソング「Swallowtail Butterfly~あいのうた」が大ヒット(オリコン1位)。
1997年のアルバム「Junior Sweet」(「やさしい気持ち」収録)でもオリコン1位、ミリオン超えのセールスを記録。
音楽活動においては、デビュー以来一貫して、作品ごとに音楽的探求を続け、各時代を担う気鋭のアーティストや 若手、クリエーターとのコラボレーション作品や活動も数多い。

MONDO GROSSO / SHINICHI OSAWA

大沢伸一がリーダー兼ベーシストのバンドとして93 年にメジャー・デビュー、世界的なアシッド・ジャズ・ムーブメントの中、ヨーロッパツアーも行う。 96 年にバンドは解散し、大沢伸一のソロ・プロジェクトとなる。 以降も常に革新的な音楽性を求めながら、「LIFE feat. bird」を収録した『MG4』、「Everything Needs Love feat. BoA」を収録した『NEXT WAVE』などヒット・アルバムをリリースして2003 年に休止。2017年に14年振りとなるアルバム『何度でも新しく生まれる』をリリース。満島ひかりが歌う「ラビリンス」ミュージックビデオはこれまでに3200万回以上再生されている。2021年に結成30年の軌跡を辿る『MOMDO GROSSO OFFICIAL BEST』をリリース。最新作『BIG WORLD』では、坂本龍一、満島ひかりが参加した「IN THIS WORLD feat. 坂本龍一[Vocal:満島ひかり]」など豪華アーティストとの変幻自在のコラボレーションが話題となっている。

YOSA & TAAR

DJ/プロデューサーとして活動する YOSA と TAAR による共同プロジェクト。渋谷 SOUND MUSEUM VISION で開催されている人気パーティー“MODERN DISCO”で共にレジデントを務め、ハウス~ディスコの新しいムーブメントを作るべくユニットとしての活動を開始。2018 年 8 月、ユニットとして始動後、初の作品となる第一弾シングル「Slave of Love ft. 向井太一&MINMI」をリリース。異色の強力タッグを迎えつつも 2 人が提唱する“新世代のディスコ・ハウス”を体現した楽曲となり各所で話題を集めた。11 月には SIRUP を客演に迎えた第二弾シングル「Fever ft. SIRUP」を発表。SIRUPが紡ぐエモーショナルな歌声と 2 ステップ調のビートが心地よくミックスされたダンスチューンでさらに注目度を高めた。2019 年春に上述の 2 曲に加え、eill、Attractions のボーカリスト Taro、SNEEEZE、踊 Foot Works を客演に迎えた楽曲を含む 1st フル・アルバム『Modern Disco Tours』をリリース。

YonYon

ソウル生まれ東京育ちというバックグラウンドを持ち、DJ、シンガーソングライター、音楽プロデューサー、ラジオパーソナリティとしてマルチに活動するクリエイター。歌うDJとして幅広い世代に親しまれ、どこか聴きやすくかつ踊れる、エッジの利いたサウンドで多彩なBPMを縦横無尽にプレイする。ソングライティングも精力的に行い、ジャンル・言語の垣根を越えて直感的に組み立てていくそのリリックは、ポップで中毒性のあるグルーヴと裏腹なリアルでメッセージ性の強い言葉が世界中のリスナーを虜にする。
KIRINJI、黒田卓也、Yaeji、Joe Hertzなど、様々なシーンのアーティストへの客演参加を積み重ね、2021年3月24日に自身初となる1st EP『The Light, The Water』をリリース。また、日韓のプロデューサーとシンガーを楽曲制作という形で繋ぐ〈The Link〉プロジェクトを経て、自身主宰の音楽レーベル〈Peace Tree〉を2021年に立ち上げた。彼女は日本とアジア、ベッドルームとパーティーフロア、アンダーグラウンドとメインストリームと様々なシーンの架け橋(BRIDGE)となり、全国各地を飛び回りながらも音楽を通じて愛と平和の木を育み続けている。

block.fm とは

2011年11月11日、午後11時11分11秒。
日本初のダンスミュージック専門インターネットラジオとして、国内外を代表する著名DJらとともに開局したblock.fm。
これまで数回に渡るリニューアルを経て、独自視点でキュレーションしたラジオ番組・ニュース配信を始め、ブランドや企業のイベントプロデュース、延べ約250万人を動員したオンライン・フェスティバル「BLOCK.FESTIVAL」など、事業領域は多岐に渡ります。
10周年を迎えるにあたり、block.fmはもう一度音楽メディアとしての本質に立ち返り、生活の一部になるようなラジオ番組を、いつでもどこでも新しい情報に触れられるニュース記事を配信し、ユーザーの皆様が“音楽の楽しさをもっと発見できる”プラットフォームを目指します。
Web:https://block.fm/

企業プレスリリース詳細へ
(2022/08/01-20:17)





Source link