中国証券業協会は、国内証券会社に対し、健全な報酬体系を確立するよう呼びかけた。人民元紙幣、2017年撮影。(2022年 ロイター/Thomas White/Illustration)

[上海 16日 ロイター] – 中国証券業協会は、国内証券会社に対し、健全な報酬体系を確立するよう呼びかけた。過剰なインセンティブや短期的なインセンティブは法令順守上のリスクを引き起こすとしている。

ウェブサイトに指針を公表した。報酬体系はリスク管理と密接に関連づける必要があり、報酬は市場の変動と業界のサイクルを考慮に入れて平準化して支給すべきだとしている。

中国では欧米の金融機関が事業を拡大しており、人材獲得競争が過熱している。過剰報酬の抑制は習近平国家主席が進める「共同富裕」の取り組みとも一致する。

中国証券業協会は、健全な報酬体系を確立すれば「業務の安定と持続可能な発展が可能になり、社会的責任をより良く果たせる」ようになるとしている。

今回の指針によると、引き受けたディールの収入と報酬を直接関連づけることを禁止する。証券会社は闇雲にランキング、規模、短期的なパフォーマンスを追求してはならないとしている。

会長や上級管理職については、報酬を後払いにして無謀なリスクテイクを防ぐ制度を確立すべきだと主張した。



Source link