【写真をもっとみる】コントロールパネル「Stream Deck」

Elgatoの「Stream Deck MK.2」(約150ドル、日本では2万円弱)は、ブログラム可能なボタンが15個並ぶコントロールパネルである。それぞれのボタンにアクションを登録することで、ウェブサイトの起動や定型文の入力、ストリーミングアプリ「OBS Studio」の操作などが可能だ。それぞれのキーは小さなフルカラー液晶ディスプレイになっており、アプリケーションのアイコンやイラストなどの好みの画像でカスタマイズできる。

Stream Deckのラインナップには、ボタンが6個の「Stream Deck Mini」(約80ドル、日本では約13,000円)と、いい意味で巨大な32キーの「Stream Deck XL」(約250ドル、日本では約30,000円)も用意されている。どれも仕組みは同じだ。

プラグインをダウンロードすれば、新たな機能の追加や、サードパーティーのアプリとの連携もできるようになっている。アイコンのパックを入手して、キーをさらにカスタマイズすることも可能だ。

ここからは、Stream Deckで仕事を効率化するアイデアを紹介していこう。

1. WindowsでAutoHotkeyのスクリプトを実行する

幸いなことに、Stream DeckとAutoHotkeyの組み合わせは完璧だ。Stream Deckはボタンひとつでキーボードのショートカットを起動できるので、これを使ってAutoHotkeyのスクリプトを呼び出せる。

さらにStream Deckには、ふたつのショートカットを交代で実行できる「Hotkey Switch」という機能がある。1回押すとひとつ目のコマンドが送信され、もう1回押すともうひとつのコマンドが送信される。このふたつが繰り返され、スイッチのように動作する仕組みだ。例えば、仕事の開始時にはあるスクリプトを実行し、終了時に別のスクリプトを走らせるといった複雑なオン/オフの構築に便利だろう。



Source link