退所1ヵ月の13年10月、ATMで1万円札を1枚おろしていた田中聖
画像を見る

2月24日、元KAT-TUNの田中聖(36)が覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された。

 

田中といえば、5年前にも大麻所持の疑いで逮捕されていた。当時は不起訴処分となったが、二度目の逮捕については「想定内」といった声も多数上がっている。

 

何かと注目されることも多いジャニーズ独立組たち。だが退所後の活躍ぶりには、かなり個人差がある。その違いは、いったいどこから生まれるのか。以下、コラムニストのおおしまりえさんに分析してもらったーー。

 

■個人の人気とグループの人気を見誤る

 

ジャニーズに限らずグループに所属していると、自分の人気とグループの人気を混同して、自分の実力を高く評価しすぎるケースが多いように思います。

 

人がアイドルやバンドなど、個人ではなくグループを好きになったとき、そこには作品への好感とグループへの好感、そして個人への好感の3つが混ざっています。

 

ファン側も、この心理を細かく分けて自覚しているわけではありません。作品が好きだと思っていたのに、グループの変化(すごく売れたり、特定のメンバーが脱退したり、結婚したりすること)やメンバー個人の不祥事によって好きの熱量が変化するということもよく起きます。

 

田中さんの場合だとKAT-TUNとしてはヒットを飛ばしていたけれど、田中聖としてのファンはそこまで多くなかったということ。またKAT-TUNのなかでは成立していた破天荒キャラも、独立して収集がつかなくなった状態で見せられると、ファンには魅力として映らなかったともいえそうです。

 

田中聖と赤西仁の違いは?ジャニーズ独立組の成功と失敗の分かれ目

画像を見る
覚醒剤取締法違反容疑で二度目の逮捕となった田中聖

 

■俳優の独立とアイドルの独立が大きく違う点

 

近年は多くの俳優が事務所からの独立を決意し、時代の流れも相まって順調な滑り出しをみせるケースも多いようです。しかしこうした俳優たちの独立とジャニーズアイドルの独立には、大きな違いがあります。

 

1つは“独立前から個人名で勝負していたかどうか”という点です。先程もお伝えした通り、グループでの認知や好感度を自分の力と思っていたため、独立後に苦戦するアイドルは男女限らず多いといえます。

 

もう1つは“方向性とマネジメントをどこまで現状と変わらない状態で独立できるか”という点でしょう。

 

俳優だと、長年のマネージャーとともに“より自分らしい働き方”を模索して独立するケースも多いです。この場合は今と大きく活動の方向性が変わるわけではなく、さらにはバックアップ体制にも大きな変化がないと言えます。

 

いっぽうでジャニーズアイドルの場合、独立と同時に自分がしたい方向性へと大きく舵を切るケースが少なくありません。同時に、マネジメント体制も一新ということになります。こうなると表の変化もさることながら、裏側の大変さも一般的な芸能人の独立とは違って“よりハードなもの”になります。

 

近年は俳優や芸人、アイドルの独立が増えています。ただ今までの人気と合わせて、活動の方向性と基盤がどの程度変化するのかも、その後の活躍には大きな影響を与えるといえそうです。

 

次ページ >ジャニーズ独立後の成功と失敗を分けるもの



Source link