オーケーコイン・ジャパン株式会社は6月10日、同社が提供する暗号資産取引所「OKCoinJapan」にて、「アバランチ(AVAX)」を6月16日に取り扱い開始する。これにより、OKCoinJapanは、15種類の暗号資産を取り扱うこととなる。記事執筆時点で、アバランチ(AVAX)の取扱いは国内初となるという。

アバランチは分散型アプリケーション(DApss)のために開発されたスマートコントラクトプラットフォームで、スケーラビリティ問題に直面するイーサリアムを代替する「イーサリアムキラー」としても知られる。アバランチでは1秒あたり数千のトランザクション処理が可能で、イーサリアムとの相互運用性も兼ね備えたブロックチェーンとなっている。

【参照記事】【暗号資産取引所のOKCoinJapan】『アバランチ(AVAX)』の取り扱いに関するお知らせ
【参照記事】AVALANCHE

仮想通貨取引を始めるなら

The following two tabs change content below.

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチームは、暗号資産投資やブロックチェーンなどフィンテックに知見が深い編集部メンバーで構成。最新のニュースやコラム、暗号資産に関する基礎知識を初心者向けにわかりやすく解説しています。

HEDGE GUIDE 編集部 暗号資産・ブロックチェーンチーム



Source link