ネット証券の株式会社SBIネオトレード証券は6月16日、国内株式のニュース・個別企業情報等の投資に関する情報を配信する新サービス「マーケット情報」の提供を開始した。「株探」「みんなの株式」といった個人投資家向けのニュースや銘柄分析などを配信する。配信数は現在の約4倍に増やした。

配信されるコンテンツは、企業の決算速報や取引時間中に定時配信されるテクニカル達成銘柄、寄り前の成行注文ランキングなど速報性が高いニュースのほか、週末には信用期日到来銘柄、信用残ランキング、株主優待発表銘柄一覧、自社株買い銘柄一覧、株式評論家の市況分析など、翌週以降の投資候補銘柄の調査に役立つニュースも配信する。

マーケット情報の利用は、ウェブサイトのログインページから、「NEOTRADE W」にログイン。左メニューの「マーケット情報」アイコンを選択すると専用ブラウザが起動し、マーケット情報のトップが表示される。

視認性や操作性にもこだわった。文字サイズの変更や背景色の変更など、ユーザーが自分の好みで変更できる機能も実装。今後も継続して機能強化を行う予定で、「質と量を兼ね備えた情報提供で投資判断をサポートする」としている。

同社は業界内で最安水準の手数料、情報収集から値動きの分析、発注や資産状況の確認といったさまざまな機能を無料かつワンストップで提供しているのが特徴。オリコンが今月14日に発表した資産形成関連サービスの顧客満足度ランキングでは、「ネット証券」で4位にランクインした。

【関連サイト】SBIネオトレード証券
【関連記事】SBIネオトレード証券の評判・口コミ

The following two tabs change content below.

アバター

HEDGE GUIDE 編集部 不動産投資チームは、不動産投資や金融知識が豊富なメンバーが不動産投資の基礎知識からローン融資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融メディア「HEDGE GUIDE」

アバター



Source link