[SBIインシュアランスグループ]

話題の家計応援グッズを抽選でプレゼント

SBI生命は、2022年7月1日(金)より「保険料を節約!家計ダイエットキャンペーン」を実施いたします。

SBI生命保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小野尚、以下「SBI生命」)は、2022年7月1日(金)より「保険料を節約!家計ダイエットキャンペーン」を実施いたします。

キャンペーン期間中、インターネットで、「お見積り後の基本情報を登録いただいた方」、「ご契約をお申込みいただいた方」、「資料請求のお申込みをいただいた方」の中から抽選で13名様に、話題の家計応援グッズをプレゼントいたします。
さらにインターネットで、「新規にお申込みいただきご契約が成立された方」には、もれなくローソンで交換する「【お持ち帰り限定】ハーゲンダッツ7種いずれか1つ(税込319円)無料引換券」を、ご契約1件につき1つプレゼントいたします。

▼プレゼントのラインナップなど、キャンペーン詳細は下記URLをご覧ください。
https://www.sbilife.co.jp/lp/SBILife_campaign_2000201.html

今年の春から食料品はもちろん、電気代、高速道路料金と、私たちの身の回りでは値上げが相次いでおり、家計への影響が気になるところ。節約志向が高まるなか、意外と見落としがちなのが固定費の見直しです。保険料がお手軽な「クリック定期!Neo」で固定費が抑えられるチャンスかもしれません。この機会に一度保険を見直して家計のダイエットをしてみませんか?
SBI生命の死亡保険「クリック定期!Neo」は、業界最安水準(※1)のお手頃な保険料が評価され、家計の見直しを行った多くの方からお申込みいただいております。
家計の見直しをきっかけに「クリック定期!Neo」にお申込みされたお客さま(703名)を対象にしたアンケートでは、5人に1人の方が月額9,001円以上、年換算で約108,000円以上の節約になったと回答されています。

キャンペーン対象商品は、インターネット申込専用定期保険「クリック定期!Neo」、就業不能保険「働く人のたより」、終身医療保険「も。」の3商品です。

インターネット申込専用定期保険クリック定期!Neo
https://www.sbilife.co.jp/products/term-click/
保険料が業界最安水準(※1)な点、最短5分で簡単&スピーディーにお申込み可能な点、保険金額が300万円~1億円までお客さまのニーズに合わせて選べる点が特徴です。日本最大級の保険選びサイト「保険市場」の「2022年版 昨年最も選ばれた保険ランキング」の死亡保険部門、定期保険部門で第1位をいただいております。(※2)

就業不能保険働く人のたより
https://www.sbilife.co.jp/products/disability/
業界最安水準(※3)の保険料で、業界で初めて(※4)保障するリスクを全疾病型(精神疾患も保障)・3疾病型・がん保障型の3つのタイプから選択可能にしました。給付金の受取り方はハーフタイプ・満額タイプの2種類からご選択いただけます。

■終身医療保険も。
https://www.sbilife.co.jp/products/medical-Mo/
入院・手術・通院・先進医療から在宅医療まで幅広く保障するので、退院した後も安心です。インターネット申込なら、入院給付金日額と特約を自由にお選びいただけます。
「働く人のたより」と組み合わせることで、短期・長期のケガや病気に備えることが可能です。

キャンペーン詳細

※本キャンペーンの詳細は、期間中にSBI生命ウェブサイトに掲載されるキャンペーンページにてご確認ください。https://www.sbilife.co.jp/lp/SBILife_campaign_2000201.html
※不正な行為でお手続きをされた場合、または反社会的勢力に該当する場合や反社会的勢力と何らかの関与が認められる場合などは、本キャンペーンの対象外とさせていただきます。
※プレゼントの交換・換金・返品等はいたしかねます。
※プレゼントの種類や色・サイズは選べませんのでご了承ください。
※本キャンペーンは予告なく変更・中止する場合がございます。
※プレゼントの発送は日本国内に限らせていただきます。
※プレゼントが宛先不明等の理由で発送元に返送された後、保険契約者さまとの連絡が取れない等、商品を再発送できる目処が立たない場合は、発送元へ商品が返送され、到着した日より1カ月を経た時点をもって当選を無効とさせていただきます。

(※1) SBI生命を含むネット申込が可能な生保5社の定期死亡保険を以下の条件で比較した結果、最安の保険料との差が10%未満であったため業界最安水準という表記を使用。(2021年12月20日時点)  
【比較条件】20歳、30歳、40歳、50歳、60歳の各男女、リスク細分型の商品を除いた定期死亡保険死亡保険金額500万円、1,000万円、1,500万円、2,000万円、保険期間10年、20年、60歳満了、65歳満了、80歳満了、月払。災害割増等各種特約の有無は考慮せず
(※2)2022年版 昨年最も選ばれた保険ランキング 死亡保険部門・定期保険部門 (2021年1月1日~12月31日ネット申込ランキング 保険市場調べ)
(※3) SBI生命を含むネット申込が可能な生保3社の就業不能保険を以下の条件で比較した結果、最安の保険料との差が10%未満であったため業界最安水準という表記を使用。(2021年6月1日時点)  
【比較条件】30・40・50歳、男・女、就業不能給付金月額10・15・20万円、保険期間60・65・70歳満了、月払、特約なし
(※4) SBI生命調べ(2019年11月20日時点)

※保障内容の詳細、保険金・給付金のお支払事由については、「契約概要および重要事項のお知らせ(注意喚起情報)」・「ご契約のしおり・約款」にてご確認ください。

<本件に関するお問い合わせ先>
SBI生命保険株式会社 マーケティング部
TEL:03-6229-0917

企業プレスリリース詳細へ
(2022/07/01-19:18)



Source link