Microsoft は 24 日、Windows 11 バージョン 22H2 はビルド 22621 が RTM となることを明らかにした(WinHEC Online のブログ記事Neowin の記事 [1][2]On MSFT の記事)。

この情報は Windows 11 バージョン 22H2 向けハードウェア互換性プログラムに関するブログ記事に記載されたものだ。ビルド 22621 は既に Windows 11 Insider Preview としてベータチャネルでリリースされており、ISO イメージも提供されている。ただし、評価版を示すデスクトップのウォーターマークも消えているとはいえ、Windows Insider Program のフライティングビルドであることに変わりはない。今後は一般提供開始まで Windows Insider 向けに累積更新プログラムの形でマイナービルドが提供されていくとみられる。

なお、Windows 11 バージョン 22H2 に同梱されるドライバーは 2022 年 9 月 5 日までに Windows 11 バージョン 21H2 との互換性が確認されたものになるとも説明されており、一般提供はそれ以降になるようだ。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | アップグレード | OS | Windows | IT

 関連ストーリー:

Windows 11 Insider Preview、BetaチャネルとDevチャネルが再び分岐 2022年05月14日

Windows 11 Insider Preview、DevからBetaチャネルへの移動が可能に 2022年03月26日





Source link